ポータブルファイバーマーキングマシン LW-SMART Basicの紹介

納品用のファイバーマーキングマシン LW-SMART Basicが入荷したので、簡単に紹介します。



LW-SMART Basicは、可倒式ポータブルマーキングマシン LW-SMARTのベーシックモデルとなります。

可倒式は簡単に持ち運べて、すぐにセットアップが出来るのが利点ですが、可倒を繰り返すと可倒部に接触不良などのトラブルが出やすいと推測されるため、頻繁な持ち運びが必須でなければ、可倒機構を無くしたBasic型をお勧めします。尚、今後もLW-SMARTは併売されます。


可倒モデルほどではありませんが、本モデルも組み立て・分解が容易ですので通常モデルに比べると運搬は容易です。


電源ケーブル、USBケーブルの他は、レーザーヘッド、ベースユニット、カラム(桁)という、とてもシンプルな構造になっています。


このように、付属のレンチで各パーツを固定するだけです。


画像ではわかりづらいですが、本体色はブラックです。ファイバーケーブルは鮮やかな赤です。


本体のスイッチは、電源ボタンと非常停止ボタンのみで、制御は全てパソコンから行います。ソフトウェアはEzcadライトとなります。


レーザーヘッドの昇降は、カラム上部のハンドルを回して行います。


ワークサイズは110 x 110mmで、レーザー出力は18Wと25Wの2種類からお選びいただけます。


右が可倒式です。