CO2 レーザーマーカ

LW-CO2
LW-CO2

RF空冷CO2レーザーとガルバノメータを組み合わせたCO2レーザーマーカです。木材・プラスチック・紙・布・皮革など金属を除く多様な素材へ高速で彫刻やマーキングをすることが出来ます。

搭載するレーザーユニットによって3種類のバリエーションがあります。筐体はベーシックなセパレート型、作業性に優れたデスク型、安全性を重視したエンクロージャー型をお選びいただけます。

  • LW-CO2(S):SYNRAD社製メタルチューブ搭載

  • LW-CO2(C):COHIRENT社製メタルチューブ搭載

  • ​LW-CO2(D):DAVI社製メタルチューブ搭載

●レーザー出力 :30W

●加工面積

□110mm (F160) / □175mm(F254) / □300mm(F420)

●レーザーヘッド・Z軸フレーム・テーブル 

W305 × D912 × H739mm

●レーザーユニット

外形寸法:W209 × D450 × H380mm

●重量  :90kg

LW-CO2の主な特徴

選べる3種類のRF励起メタルCO2レーザー発振器

​CO2レーザー発振器は3銘柄からお選びいただけます。米国SYNRAD社製、米国COHERENT社製、そしてリーズナブルな中国DAVI社製。いずれも高品質なRF励起の空冷CO2レーザーユニットとなっています。

​高品質なfシータレンズを採用

ガルバノスキャンヘッドに取り付けられたワークサイズ110x110mmのfθレンズは、ビーム径を220~230μまで集光します。ガルバノ方式のレーザーはフラットベッド型ではなし得ない高速マーキングを実現します。

ダブルドットフォーカスガイド

レーザーヘッド部には、焦点距離の高さで重なり合うように調整された2つのレッドポインターが装着されています。ポインターが重なり合うようにヘッド部を昇降するだけで焦点距離を簡単に合わせることが出来ます。

選べる筐体

​セパレート型のベーシックモデルの他に、作業性に優れたデスク型、安全性を重視したエンクロージャー型(デスク型にエンクロージャーを増設したもの)をラインナップ。設置環境や使用条件でお選びいただけます。

レーザーマーカー制御ソフト

EZCAD 2.0

LW-CO2リーズには、レーザーマーカー制御ソフトのEZCAD2.0が付属します。EZCAD2.0は、グラフィックやテキストなどのマーキングオブジェクトの作成・読み込みなどの強力な編集機能を持ち、レーザーマーカの制御を行うことが出来る統合ソフトウェアです。

EZCAD2の主な機能

​レーザー制御

レーザーの出力、周波数、スキャン速度の設定など、レーザーの設定パラメーターを包括的に制御できます​。

強力なインポート機能

PLT,DXF,AI,DST,BMP,JPG,GIF,TGA,PNG,TIF,TIFFなどベクトルデータや画像データなどの各種フォーマットをサポート

フォント

TruTypeフォント、JSF(EzCadで定義された単線フォント)、DMF(ドットマトリックスフォント)をサポート

テキスト関数

固定テキスト、日付、時刻、系列番号など、テキスト関数を使用することによりリアルタイムでテキストの可変が可能

バーコード・QRコード

Code39、EAN、PDF417、DATAMATRIXなどの共通バーコードの生成が可能

多彩なハッチング機能

リング状のハッチ、自由角度のハッチ、調整可能なマージンを持つハッチの3段階をサポートし、それぞれにパラメーターを設定可能

​追加アクセサリー

ロータリーチャック

円筒材料へのマーキングを可能にします。クランプサイズによって3種類の中からお選びいただけます。クランプサイズ 最大Φ63mm / Φ80mm / リング(指輪)用

オートフォーカス

CMOSレーザ変位センサと電動Z軸モーターによるオートフォーカスシステムです。センサーで測距された値が即時に反映され、レーザーヘッドが自動で昇降します。

ロータリーテーブル

円周上に配置した材料に対して連続で加工を行うことができます。

サイクロプスカメラ

マーキング位置をピンポイントで合わせることが出来ます。カメラで撮影された画像がソフトウェア(Ezcad)上に映し出されるため正確な位置合わせが可能になります。

電動Z軸モーター

レーザー焦点合わせを行う際、電動モーターによってレーザーヘッドの高さを変えることができます。モーターのON/OFFは手動です。

安全ゴーグル

不可視のレーザー光から目を保護する専用ゴーグルです。レーザーの波長によってゴーグルのレンズ(色)が異なります。

スペック