006.jpg
choose.png

レーザーの選び方

レーザーを選ぶ基準

Select_-target.jpg

加工対象から選ぶ

レーザーは、レーザーの波長によって加工できる物、出来ない物が分かれます。1種類のレーザーで全ての材質を加工できるというものではありません。金属系の材料はCO2レーザーでは加工できませんので、ファイバーレーザーを選んでいただくことになります。逆に、木材やガラスなどの材料はファイバーレーザーでは加工できません。

Select_-details.jpg

加工内容から選ぶ

レーザー加工機は、レーザーの照射方式によって分けられます。切断加工の場合は、レーザーが材料に対して垂直に照射することが出来るプロッター方式のレーザーカッターが必要です。マーキング用途であれば高速でレーザーを照射することが可能なレーザーマーカーとなります。尚、レーザーマーカーは焦点距離が長く、外側になるほどレーザーが斜めに照射されますので、切断には不向きです。

Select_productivity.jpg

​生産性から選ぶ

レーザーの加工能力は、基本的にレーザー出力に依存します。例外もありますが、基本的にはレーザー出力が高いほど、速く加工することができます。レーザー加工機の価格はレーザーの出力に比例して高くなりますが、例えば販売価格500円の商品を1日に50個しか作れないレーザーと1日に100個作れるレーザー、こういった生産性を考慮した検討も必要です。

Select_size.jpg

作る商品の加工サイズから選ぶ

レーザーマーカーは、オープン型なので材料の大きさそのものは不問ですが、加工面積は比較的小さめです。レーザーカッターの場合は、クローズド型なので材料を加工機の筐体内に配置しなければなりませんが、加工機が大きければ、小さな材料をたくさん並べて、まとめて加工することも可能です。

Select_price.jpg

予算から選ぶ

レーザーマーカーはレーザー出力、レーザーカッターはレーザー出力と加工面積の組み合わせで価格が変わってきます。