2D UVレーザーマーカー

LW-UV3 / UV5
 
LW-UV3 / UV5

●レーザー出力 :3W / 5W

●加工面積

□110mm (F160) / □140mm(F210)

●レーザーユニット・Z軸フレーム・テーブル 

W305 × D600 × H700mm

●制御ユニット

外形寸法:W190 × D450 × H350mm

重量  :16kg

LW-UVは INNGU LASER製のナノ秒UVレーザーを搭載した2Dレーザーマーカです。熱影響を極力抑えたコールドマーキングが可能ですので、熱に弱い樹脂製品のマーキングはもちろん、多様な素材へマーキングすることができます。

LW-UVの主な特徴

Inngu Laser社製 355nm UVレーザー

UVレーザーは、波長355 nmの紫外レーザーを使用することで熱による影響が少ないマーキング加工を行うことが出来ます。熱の影響が出やすいプラスチックなどのマーキングに適しています。その他にも多様な素材へのマーキングが可能です。

多様なアプリケーションへ対応

プラスチックや素材に低温でのマーキングが必要な製品への彫刻に最適です。クリスタル、セラミック、各種プラスチック(PLA、PVC、PET、PE、PP、PS、PTFE、PMMA)、ガラス、皮革、石、一部の金属、布製品など、多くのアプリケーションに対応しています。

ダブルドットフォーカスガイド

fθスキャンレンズが取り付けられたレーザーヘッド部には、あらかじめ焦点距離の高さで重なり合うように調整された2つのレッドポインターが装着されています。ポインターが重なり合うようにヘッド部を昇降するだけで、焦点距離を簡単に合わせることが出来ます。

​UVレーザーのイメージ

UVレーザーは波長が短いためCO2レーザーやファイバーレーザーよりも微細に加工することができます。また短パルスによる加工のため熱の影響を抑えること可能です。例えるなら、圧縮されたレーザーを短時間で連射するイメージです。

レーザーマーカー制御ソフト

EZCAD 2.0

LW-UVには、レーザーマーカー制御ソフトのEZCAD2.0が付属します。EZCAD2.0は、グラフィックやテキストなどのマーキングオブジェクトの作成・読み込みなどの強力な編集機能を持ち、レーザーマーカの制御を行うことが出来る統合ソフトウェアです。

EZCAD2の主な機能

​レーザー制御

レーザーの出力、周波数、スキャン速度の設定など、レーザーの設定パラメーターを包括的に制御できます。

強力なインポート機能

PLT,DXF,AI,DST,BMP,JPG,GIF,TGA,PNG,TIF,TIFFなどベクトルデータや画像データなどの各種フォーマットをサポート

フォント

TruTypeフォント、JSF(EzCadで定義された単線フォント)、DMF(ドットマトリックスフォント)をサポート

テキスト関数

固定テキスト、日付、時刻、系列番号など、テキスト関数を使用することによりリアルタイムでテキストの可変が可能

バーコード・QRコード

Code39、EAN、PDF417、DATAMATRIXなどの共通バーコードの生成が可能

多彩なハッチング機能

リング状のハッチ、自由角度のハッチ、調整可能なマージンを持つハッチの3段階をサポートし、それぞれにパラメーターを設定可能

​追加アクセサリー

ロータリーデバイス
円筒物マーキング用

チャック径 Φ80
クランプサイズ 2mm~63mm
ジャミングサイズ 25mm~70mm

チャック径Φ1100
クランプサイズ 2mm~80mm
ジャミングサイズ 30mm~90mm
リング用ロータリーデバイス
保護ゴーグル
保護波長範囲200nm-2000nm
保護機能:全周吸収
可視光線透過率> 55%
光学密度:> 5.0 (OD +5)
CE認定
EN207 / EN208適合
Show More

スペック