2Dファイバーレーザーマーカ

LW-Integra
LW-Integra

レーザーソースはJPT製MOPAレーザー、MAX製Qスイッチパルスレーザーからお選びいただけます。

Qスイッチパルスレーザーは、シンプルな金属マーキングに、MOPAレーザーは金属、プラスチック、ガラスなど多くの材料にマーキングを行うことが出来ます。

※昇降リフトベースはオプションとなります。

●レーザー出力 

Qスイッチパルスレーザー: 20W / 30W / 50W

MOPAレーザー     : 20W / 50W

●加工面積   :110*110mm(OPで他のサイズ)

●ソフトウェア :Ezcad3(PRO)/ Ezcad2-Lite​(Basic)

      

LW-Integraの特徴

用途に応じて選べるレーザーソース

マーキングマシンの心臓部であるレーザーソースは、安価なMAX製Qスイッチファイバーレーザーとパルス幅を可変できるJPT製MOPAファイバーレーザーからお選びいただけます。レーザー出力も20~50Wまでラインナップ、ご利用用途に応じで選択可能です。

Raycus Emitter.jpg

場所を取らない省スペースマシン

LW-SMART/Basic共に汎用性に優れたプロ向けマシンと異なり、限られたスペースで運用できるように、専用設計された部品で構成されています。省スペース性に優れたコンパクトなマーキングマシンがあれば、いつでも、どこでも手軽にレーザーマーキングを行うことができます。

EMB-014.jpg

機能に応じて選べるソフトウェア(コントローラー)

レーザーを制御するコントローラーはシンプルなEzcad2(32bitベース)と高機能なEzcad3(64bitベース)からお選びいただけます。Ezcad3は、EZCAD2と比較して処理速度が速いため、より高速なマーキング速度が可能になり、またSDK/ APIの利用が可能になります。

EMB-015.jpg

ロータリーデバイス(別売オプション)

EM-Smart BASIC にはロータリーデバイス (BASIC + R バージョン) も用意されています。デバイスの傾斜可能範囲は 0 ° ~ 90 ° で、最大グリップ直径は 10 cm です。これにより、指輪、ブレスレット、魔法瓶などの円筒形の材料に加工を行うことが出来ます。(工場オプションのため、後からの追加は不可となります。) 

rotary.jpg

レーザーマーカー制御ソフト

EZCAD

LW-シリーズには、レーザーマーカー制御ソフトのEZCADが付属します。EZCADは、グラフィックやテキストなどのマーキングオブジェクトの作成・読み込みなどの強力な編集機能を持ち、レーザーマーカの制御を行うことが出来る統合ソフトウェアです。

ezcad.jpg

EZCADの主な機能

ez-01.jpg

​レーザー制御

レーザーの出力、周波数、スキャン速度の設定など、レーザーの設定パラメーターを包括的に制御できます。

ez-04.jpg

強力なインポート機能

PLT,DXF,AI,DST,BMP,JPG,GIF,TGA,PNG,TIF,TIFFなどベクトルデータや画像データなどの各種フォーマットをサポート

ez-02.jpg

フォント

TruTypeフォント、JSF(EzCadで定義された単線フォント)、DMF(ドットマトリックスフォント)をサポート

ez-05.jpg

テキスト関数

固定テキスト、日付、時刻、系列番号など、テキスト関数を使用することによりリアルタイムでテキストの可変が可能

ez-03.jpg

バーコード・QRコード

Code39、EAN、PDF417、DATAMATRIXなどの共通バーコードの生成が可能

ez-06.jpg

多彩なハッチング機能

リング状のハッチ、自由角度のハッチ、調整可能なマージンを持つハッチの3段階をサポートし、それぞれにパラメーターを設定可能

スペック