UVレーザーでバカラ(Baccarat)のグラスにレーザーマーキング

今回のガラスマーキングは、通常のガラスではなくクリスタルガラス製のバカラのグラスです。


CO2レーザーでもガラス彫刻は可能ですが、UVレーザーを使用すると繊細さが際立ちます。ボトル彫刻のように大きな絵柄を深く彫る場合は高出力のCO2レーザーがお勧めですが、繊細な刻印が必要な時はUVレーザーがお勧めです。


CO2レーザーを使ったバカラへの彫刻記事はこちら


高価なバカラのグラスでテストすることも出来ず、レーザー出力設定は、私の”勘”で一発勝負となりました。


こちらは拡大画像ですが、CO2レーザーと異なり、熱によるクラックが生じていません。ここがUVレーザーの強みです。



若干、レーザーが強かったようですが、くっきり繊細に刻印できたようです。グラスの底に彫るので、使用時に正しく見えるように文字を反転させて加工しています。


バカラのオリジナルのロゴよりも白く発色しています。レーザー出力パラメータを変えれば白さを抑えることも可能です。


グラスの底を飲み口の側から見た画像です。線も細く、繊細です。位置が少し上すぎたのは、ご愛敬ということで。


ということで、コンシューマー向けギフトの作成にもUVレーザーはお勧めです。ファイバレーザー(主に金属加工用)よりは高価ですが、金属、ガラス、木材、プラスチックなど、多くの材料にマーキングを行うことが出来ます。