100円ショップでよく見かける陶器カップにレーザー彫刻

個人的な嗜好で恐縮ですが、ふだんからお茶は綾鷹シリーズを愛飲しています。


というわけで、今回は綾鷹ロゴ入りのマイカップを作ることにしました。



100円ショップで買った、この陶器カップに ファイバーレーザーで格好よく彫刻を行います。


まずはベースとなる絵柄をPhotoshopで取り込み、あとでIllustratorでベクトルトレースを行うために解像度を上げます。



解像度を上げた後で、Illustratorに取り込み、トレース機能を使ってベクトルデータを作成します。



生成されたベクトルデータで使用するのは、急須の部分だけで、文字については、画像を下敷きにして、指定フォントを使用してイチから作りました。



ベクトルデータが完成したら、DXFフォーマットで出力し、そのファイルをレーザー制御ソフトのEZcad2に取り込みます。



彫刻する箇所にハッチングをかけて、レーザー出力設定を行い、加工を行います。


今回は、カップの円周に沿っての加工なので、ロータリーユニットを使用しました。


完成です。


なかなか良い感じに彫れていると思います。



反対の面には、オリジナルの家紋を入れてみました。(綾鷹 KAMONジェネレーターというサービスを使用して作成しました。)




せっかく加工データを作ったので、サイズの異なる湯飲みにも彫刻してみました。


こちらも裏面はオリジナルの家紋。