ファイバーレーザーで白プラスチックに黒色マーキング

手元にあった成型色が白色のプラスチックで種類が異なるいくつかのACアダプターに、ファイバーレーザーで黒色のマーキングを行ってみました。


ファイバーレーザーの場合、UVレーザーと異なり、マーキングできる材質の種類が限られてきます。オールマイティにマーキングするのであれば、UVレーザーがお勧めです。


今回は、この3種類です。サンワサプライのワットモニター、オウルテックの電源アダプター、そしてApple純正、MACBOOK PRO用電源アダプターです。


ちなみに、レーザーのパラメーターは、全て同じです。大きく設定を変えずとも、それなりに綺麗にマーキングすることができます。









マーキングのサイズによって、多少設定を変えるほうが無駄な時間をかけずに加工することが出来ます。