ノーボックス(NoBox) のマルチツールポケットナイフにレーザー彫刻

キャンプ用のポケットナイフを新調したので、レーザーでパーソナライズしました。いつもなら名入れ程度なのですが、今回は柄に模様を入れてみました。


これがノーマルの製品です。


この絵柄をハンドル部分に彫刻します。本当はEPSデータが良いのですが、今回はBMPデータを使用しました。(入手できなかったので)

 

このデータをIllustratorを使い、柄の形状に沿ったパス(クリッピングパス)で切り抜き、エクスポートしたBMPをEZCADに読み込みます。


加工が一つだけなので、治具は作らず、適当に動かないように固定します。


ハンドルは木製なので、レーザーはCO2レーザーマーカーを使用します。

彫りあがったナイフです。


さすがにこのままでは見栄えが悪いですね。それに濡れると水分が染み込んでいくので彫った部分のコーティングも必要です。


ということで、水性ニスでコーティングします。


塗った直後はテカテカです。


ニスが乾燥すると、なかなか良い感じです。


いや、我ながら、なかなかカッコいいのではないでしょうか?


オンリーワンのキャンプ道具の完成です。