top of page

ビジネス用レーザーマーカーLW-Smart vs DIYホビー用 xTool F1 能力比較

安価で人気のあるレーザーマーカーxTool F1とビジネスユーザー向けのエントリーモデルであるLW-Smartの能力比較です。


双方のスペックは下記となっています。

モデル名

xTool F1

LW-Smart Basic / One / Nova / Super / MOPA

レーザー種類

455nm 青色ダイオードレーザー

1064nm IR(赤外線)レーザー

1064nm Qスイッチファイバーレーザー ※上位モデル MOPAレーザー

レーザー出力

10W + 2W(IR)

25W / 20W ※上位モデル 30W / 50W / 60W

周波数・パルス幅

可変

最大スキャン速度

4000mm/s

8000mm/s

最大スキャン密度​

300 ライン/cm

10000 ライン/cm

ビットマップ 最大解像度​

1270 DPI

解像度設定なし

ソフトウェア

xTool クリエイティブスペース ※Light Burn(サードパーティ)

EZcad2 ※Light Burn(サードパーティ)

サポートOS

Android / iOS / iPad / Windows / macOS

Windows

インターフェイス

Wi-Fi / USB

USB

焦点合わせ

マニュアル・オート

マニュアル

加工サイズ

115*115mm(角丸)

※スライドエクステンションで115*400mm

110*110mm ※OPレンズで 70*70 / 150*150 / 175*175

印字可能な材料の厚み

<117mm ※底板を外せば制限なし

<200mm

※レーザーパスの取付け方向を変えれば制限なし

オプション

ロータリーデバイス

ロータリーデバイス

今回の比較は、陶器タンブラーとステンレス製ドッグタグです。右側がLW-Smart、左側がxTool F1によるものです。



それぞれの加工時間は、動画をご覧ください。









Commenti


bottom of page