レーザーカッター 彫刻スピード比較(ガラス管レーザー搭載機とRF励起レーザー搭載機)

安価な一般的なガラス管レーザーを搭載したレーザーカッターとRF励起金属レーザー発振器を搭載したレーザーカッターで木材の彫刻スピードを比較しました。


  • ガラス管レーザー搭載機種 MUSE 45W

  • 金属レーザー発振器搭載機種 VLS3.50-25W

  • 加工サイズ 80mm*15mm

  • 加工素材 檜(木材)

  • スキャン解像度 共に1000dpi レーザー出力 発振器出力が異なるため、同じくらいの彫りになるよう調整

  • スキャン速度 共にパラメーター設定100%


結果は、ガラス管レーザーの場合は2分48秒、金属レーザー発振器の場合は1分31秒と大差が生じました。ほぼ2倍の近い速度差です。



こちらは、MUSEによる加工時間


こちらは、VLS3.50での加工時間


加工の仕上がりは、ほとんど変わりません。

上がVLS3.50、下がMUSEです。


少量であれば、ガラス管レーザーで十分ですが、大量に加工する場合は、圧倒的に金属レーザー発振器を搭載したレーザーカッターが有利であることに違いはありません。


一概には言えませんが、加工内容によっては、金属レーザー発振器搭載機なら1日で加工できる数量が、ガラス管レーザー搭載機の場合は、2日はかかる計算になります。


そして、レーザーカッターを動かすには、もちろんオペレータがついている必要があります。