陶器へレーザー彫刻

CO2レーザーでは なかなか手ごわい陶器ですが、ファイバーレーザーなら容易に彫刻を行えます。下の陶器はレーザーを連続5回照射して、少し深めに彫っています。




1回のレーザー照射でも、濃い色の陶器であれば、そのコントラストの差でくっきり刻印することが出来ます。

ただ、残念ながら、ガラスに近い性質を持った磁器への彫刻は不可です。磁器への彫刻であればCO2レーザーがお勧めです。ただしCO2レーザーは陶器の彫刻には向いていません。(深彫りなどは無理です。)



陶器への彫刻加工はこちらのレーザーがお勧めです。

https://www.laserworks.jp/lw-ef