レーザーでスチレンペーパーをデザインカット

プラ板と言ったほうが分かり易いかもしれませんが、今回はスチレンペーパーを加工してみました。


模型作りの材料として知られている材料ですね。


今回は0.3mm厚のスチレンペーパーを切断してみます。



コーレルドローで切断データを作ります。


まず、適当なサイズで作った図形にパターン塗りこみを行い(左上)、次にBitmapに変換(右上)、その後、ベクトルデータを抽出するためにアウトライントレースを行います。その後、エンプローブで変形を行い、別に作ってあったデータ(左下)でトリミングを行います。 これでデータの完成です。(右下)


では、早速、レーザーでカットしてみます。


このような感じで仕上がります。 スチレンシートは発泡材料なので、熱に対して溶け易いためレーザー出力はかなり落として加工したのですが、それでも若干、切り口にザラザラ感が残ってしまいました。


それでも、ここまで微細なカットが出来るのは、やはりレーザーならではでしょう。 

気になる焦げや変色もありません。




参考までに、1mm厚くらいのスチレンボードになってくると断面が若干斜めになります。レーザーの入射側が広く、抜け側が狭くなります。 


追伸、モールド加工(スジ彫り)も容易に出来ます。


プラ板で作る模型のジオラマベースの作成などにはお勧めかと。


レーザーの出力パラメーター(加工設定)は、Facebookのユーザーコミュニティに掲載しています。

(当社ユーザー様 限定)


詳細はレーザーワークスまで