マルチツールにレーザーマーキング(レーザー刻印)

パーソナライズを目的とした名入れ加工は、iPodなどが有名ですが、高級工具などでも盛んに行われています。


と、いうことで、今回はマルチツール(多機能工具)へのレーザーマーキングです。


工具の場合、扱われ方が比較的ハードですので、マーキング自体が耐久性に優れている必要があります。


レーザーマーキング(レーザー刻印)は、印刷に比べると耐摩耗性では圧倒的に有利です。ゆえに、このような工具などのパーソナライズに向いています。


以前もブログに書きましたが、金属へのレーザーマーキングの場合は、ガルバノミラーを使うYAGレーザーマーカーのほうが生産性に優れています。


しかし、イニシャルコストが高額なため、商品のパーソナライズを目的としては敷居が高いかもしれません。


バーサレーザーは、集光レンズを標準の物から高密度レンズへ交換するだけで、工具類へのマーキングが可能になります。


もちろん、高密度レンズは、それなりに高価なものですが、それでもYAGマーカーに比べると安価に済みます。



マルチツール(レザーマンツール)


高密度レンズでフォーカスセット


レーザーマーキング中の映像


これが完成品


詳細はレーザーワークスまで