UVレーザーマーカーの検品

最終更新: 10月5日

メーカーに発注してから概ね一か月、お客様からご注文いただいたUVレーザーマーカーが入荷しました。

いつものようにラップで頑丈に保護されています。

保護ラップを解いて組み立ててみると、デモ機のファイバーレーザーよりひと回り大きい印象です。

これはレーザーユニットを保持するカラム(桁)の太さと、レーザーユニットが大きいためです。

このシリーズのUVユニットは空冷なので、前面に大きなエアーの取り入れ口があります。スキャンヘッドには焦点合わせで重宝するダブルレッドポインター、カラムの頂点には昇降用の電動モーターがついてます。オートフォーカスはオプションで用意されますが、今回のモデルにはオートフォーカスが装備されていません。オートフォーカスの場合は、ヘッド側面に測位センサーが装備されます。


一般的にUVレーザーマーカーはとても高額なのですが、当社のLWシリーズは機能を最小限に抑えたシンプルな構成なので、巷に流通している製品の中では比較的リーズナブルな価格帯となっています。

あいにくデモ機を導入する予定はありませんが、試作やテスト加工はメーカーで行いますので、ベーシックなファイバーレーザーで加工に満足いただけない場合は、ぜひUVレーザーマーカーをご検討ください。