屋久杉に手描きイラストをレーザー彫刻

お客様のご依頼により、屋久杉へ手描きイラストを彫刻しました。


屋久杉への加工は初めてですが、しっかりと乾燥させてあるらしく、とても軽いです。

いただいた手描きのイラストをスキャナで取り込みます。

加工対象(屋久杉)が丸や四角ではなく上下左右非対称の形なので、材料もスキャナで取り込んで、それを下敷きにして画像サイズを調整します。もちろん、PCにイラストを取り込んだ後にPhotoshopで画像濃度の補正を行っています。


よく乾燥させてあるせいか彫刻してもヤニがほとんど出ませんでした。どちらかというとMDFを彫刻した時のように、比較的粉っぽい粉塵が出ました。

光の当たり具合で、見栄えが変わります。この角度から見ると、色が薄い感じですね。

こちらも同じく、色が薄い感じです。

こちら側から見ると、くっきりとしています。

個人的な見解ですが、このようにレーザー彫刻部位の発色が薄い場合は、彫刻後にスミ入れをしたほうが質感が良くなる気がします。

詳細はレーザーワークスまで