レーザーマーカーで0.16mm厚アルミ板を切断

配布用サンプルの0.16mm厚アルミ板を、テストでカットしてみました。

出力がそれほど高くないレーザーマーカーなので一度の照射で切断は出来ませんが、複数回レーザーを当てることで切ることは容易です。


今回はデモ機の30Wファイバーレーザーを使いましたが、50Wなら、おそらく半分くらいの時間で切れると思います。


材料をワークテーブルに直に置いて切断(レーザーが材料を貫通)すると、ワークテーブルまで傷つけてしまうので、今回はハニカムパネルを置いて加工しました。

■ワークテーブル上のハニカムパネル



■加工直後の画像。アルミの粉が付着しています。



裏から見ると貫通しているのがわかります。



指で軽く押すと、パキパキと文字が抜け落ちていきます。



レーザーマーカーで切断した割には、まぁまぁの出来ではないでしょうか?


それでは、切断時の動画を御覧ください。



最新記事

すべて表示

年末年始休業のお知らせ(2020年-2021年)

日頃はご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら休業期間を下記の通りとさせて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 <休業期間> 2020年12月29日(火)~2021年1月4日(月) ※2021年1月5日(火)から通常営業致します。 ※休業期間中にいただきましたお問い合わせにつきましては、2021年1月5日(火)以降、順次対応させていただ