レーザーカッターMUSEでジオラマチックな撮影ブースを制作

個人的にプラモデルを作るという趣味があり、プラモデルの完成後は作った作品を撮影するのですが、その際、背景シートを利用して撮影していたのですが、少し手の込んだ撮影をしたくなりジオラマ的な撮影用のブースを作ることにしました。


撮影対象は1/12のオートバイプラモデルです。


レーザーカッターの加工範囲に収まる材料のサイズからブースの大きさを決めます。大きさが決まったらIllustratorでベクトルデータを作ります。


データを作った後は、背景に使う画像を撮影する模型のスケールに合わせて調整します。背景画像の入手は、(サブスクリプション有料サービスのShutterstockでダウンロードしました。今回はコンクリート打ち放しの倉庫的なイメージです。


それぞれのデータが完成したら、Illustratorから切断用のベクトルデータをレーザーカッターMUSEに印刷します。MUSEは印刷でもPDFのドラッグでもデータのインポートが可能です。MUSEは印刷ごとにレイヤーが作成されるので、個別に出力、切断を行うことが出来ます。


サクッと切り出したアクリル板を組んでみます。


それぞれのパネルに貼る背景をA3インクジェットプリンターで印刷し、貼りつけて組み立てます。


なかなか良い感じではないでしょうか。


と思ったのも束の間、パネルの分解・組み立て時にアクリルだと割れてしまいやすいため、結局、MDFで作り直すことになりました。


5.5mmのMDFなので、そこそこ頑丈です。


印刷した背景を それぞれのパネルに貼りつけます。


組み立ててみます。

 

今回は床板をリバーシブルにしました。裏側は木目のフローリング風です。


隅っこを拡大すると、まぁまぁの雰囲気が出ています。


こちらはフローリング


実際に1/12スケールのオートバイのプラモデル(もちろん自作したものです)を、置いてiPhoneで撮影してみると・・・


この撮影ブースキット、そのまま販売できるかな?といろいろ妄想しております。