一体型 2Dファイバーレーザーマーカ

MF-QS/MF-QB
MF-ELP/MF-EM7

シリーズ

mf-1280-01.jpg
MF-QS/MF-QB

MF-QS/MF-QBシリーズは Raycus社製のQスイッチ型ファイバーレーザーを搭載したJCZテクロノジー社製の2Dファイバーレーザーマーカです。シンプルな金属マーキングにご利用いただけます。

MF-ELP/MF-EM7

MF-ELP / MF-EM7シリーズは JPTエレクトロニクス社製のMOPA(Master Oscillator Power Amplifier)ファイバーレーザーを搭載したJCZテクロノジー社製の2Dファイバーレーザーマーカです。金属やプラスチックマーキング用途にご利用いただけます。

●レーザー出力 :20W / 30W

●マーキングサイズ

●印字エリア 70*70 / 110*110 / 170*170mm  

MFシリーズの特徴

​用途と予算で選べるレーザーソース

MFシリーズは、リーズナブルなQスイッチ型ファイバレーザー、より高性能なMOPAファイバレーザーなど、4種類のレーザーソースからお選びいただけます。金属マーキングメインであれば、Qスイッチ、プラスチックマーキングにもお使いになられる場合はMOPAレーザーがお薦めです。

m7-01.jpg

​リクエストに応じてカスタマイズ

JCZテクロノジー製のレーザーマーカーは、リクエストに応じてオートフォーカスやサイクロプスカメラモジュールを追加、Z軸カラムを延長するなど、様々なカスタマイズが可能です。

Cyclops.jpg

ダブルドットフォーカスガイド

fθスキャンレンズが取り付けられたレーザーヘッド部には、あらかじめ焦点距離の高さで重なり合うように調整された2つのレッドポインターが装着されています。ポインターが重なり合うようにヘッド部を昇降するだけで、焦点距離を簡単に合わせることが出来ます。

rf-1280-05.jpg

コンパクトな一体型

レーザースキャンヘッドと制御ユニットが分割されたセパレート型ではなく、レーザーソース、スキャンヘッドが一体化されたモデルです。これにより、少ない設置スペースでマーキング加工を行うことが出来ます。

mf-01.jpg

レーザーマーカー制御ソフト

EZCAD 2.0

LW-EFシリーズには、レーザーマーカー制御ソフトのEZCAD2.0が付属します。EZCAD2.0は、グラフィックやテキストなどのマーキングオブジェクトの作成・読み込みなどの強力な編集機能を持ち、レーザーマーカの制御を行うことが出来る統合ソフトウェアです。

ezcad.jpg

EZCAD2の主な機能

ez-01.jpg

​レーザー制御

レーザーの出力、周波数、スキャン速度の設定など、レーザーの設定パラメーターを包括的に制御できます。

ez-04.jpg

強力なインポート機能

PLT,DXF,AI,DST,BMP,JPG,GIF,TGA,PNG,TIF,TIFFなどベクトルデータや画像データなどの各種フォーマットをサポート

ez-02.jpg

フォント

TruTypeフォント、JSF(EzCadで定義された単線フォント)、DMF(ドットマトリックスフォント)をサポート

ez-05.jpg

テキスト関数

固定テキスト、日付、時刻、系列番号など、テキスト関数を使用することによりリアルタイムでテキストの可変が可能

ez-03.jpg

バーコード・QRコード

Code39、EAN、PDF417、DATAMATRIXなどの共通バーコードの生成が可能

ez-06.jpg

多彩なハッチング機能

リング状のハッチ、自由角度のハッチ、調整可能なマージンを持つハッチの3段階をサポートし、それぞれにパラメーターを設定可能

​追加アクセサリー

Rotary-chuck.jpg

ロータリーチャック

円筒材料へのマーキングを可能にします。クランプサイズによって3種類の中からお選びいただけます。クランプサイズ 最大Φ63mm / Φ80mm / リング(指輪)用

rotary-table.jpg

ロータリーテーブル

円周上に配置した材料に対して連続で加工を行うことができます。

スペック

mf-deim.jpg