革製バッグタグにレーザー彫刻

今回は、巷でよく見かける革製バッグタグへの彫刻です。


レーザーで革へ彫刻する場合は、通常、弱めの出力で軽くマーキングを施す程度なのですが、今回は色入れを考慮して、多少深めに彫刻を施しました。


こちらが、彫刻前のバッグタグです。

後から色を入れることを考慮して、あらかじめマスキングテープを貼りっておき、その上からレーザーを当てます。


こちらが、レーザー加工中の動画です。



こちらが、レーザーを当てた直後のバッグタグです。

ロゴの部分は良いのですが、名前部分が、少し小さかったようです。

文字が小さくて、細いと、色入れが難しくなります。

動画では、レーザーは一度しか当てていませんが、実際には2回彫りを行っています。


色入れ後のバッグタグです。

ロゴ部分は問題ないのですが、名前部分については、やはりサイズが小さすぎて、色が入りにくかったです。

名前部分の文字高さは、最大2.5mmで、最小サイズは1.7mmです。


後から色入れをするのであれば、太めの文字で、多少大きめのサイズで加工する方が良い仕上がりになります。


詳細はレーザーワークスまで