発色性アルミ板へのレーザーマーキング

本日のレーザー加工は発色性を持ったアルミ板へのレーザーマーキングです。


厳密に言うとアルミ表面にレーザー発色層を施し、レーザーエネルギーで発色させるというものです。


既製の商品ですので、ご存知の方もおられると思いますが。


商品名はアルママークです。メーカーのサイトはこちらです。

http://www.horizonsisg.com/products/alumamark.asp

日本にも販社があります。




表面の色はゴールド・シルバー・ブラス・ブロンズという種類になります。


レーザーを使って材料の切断自体は出来ないため、おのずから既製サイズを使うことになります。


もちろんメーカーにオーダーすれば希望のサイズで作ることも可能です。

ただし、その分の費用はかかりますが。


今回は、ゴールドを使って加工を行いました。


これが生板です。


こちらはいつものようにYouTubeにアップした加工中の動画です。今回は小さい画像も加工するため、レーザー加工の駆動解像度を上げています。ですので、いつもよりは若干時間を要しています。



これで出来上がり。


材質やサイズを考えると用途的には銘板やペットタグなどがよいのではないでしょうか。

ただ、耐候性については紫外線等の影響があるため、長時間の屋外での使用にはお勧めしません。


詳細はレーザーワークスまで