top of page

ペット用骨壺(陶器製)にレーザー彫刻

陶器(ペット用骨壺)の彫刻にレーザーをご検討されているお客様のご依頼で、CO2レーザーマーカーを使ってサンプルを作成しました。


陶器、正確には陶磁器で、骨壺は表面に釉薬によるガラス質の層(吸水性がない)があるので、磁器になります。


陶器の彫刻には、ファイバレーザー、もしくはCO2レーザーがお勧めになります。ただし、今回の場合、磁器になりますので、適切なレーザーはCO2レーザーとなります。


CO2レーザーマーカー
CO2レーザーマーカー

CO2レーザーマーカー LW-CO2


ファイバーレーザーは、釉薬による透明なガラス質の層を透過してしまい、ガラス層の下の層に直接作用します。 そのため、下層におけるレーザーの反応時に生じたエネルギーが、ガラス層に影響を与え、ガラス層が破砕してしまいます。

画像のように、表層が下層よりも大きく削られたような状態になります。


ファイバーレーザーによる磁器の彫刻
ファイバーレーザーによる磁器の彫刻

これに対してCO2レーザーは、ファイバーレーザーの波長1064nmに対して、10600nmと非常に長く、透明な材料にも吸収されます。陶器のようなセラミックス素材については、ファイバーレーザーのほうが、はるかに吸収されやすく掘削力があるのですが、磁器の場合は、CO2レーザーがお勧めになります。


こちらは、CO2レーザーによる加工です。ガラス層も加工してくれるので、ファイバーレーザーのようなガラス質の破砕が起きていません。 これであれば、後から色入れしても綺麗に着色できると思います。

CO2レーザーによる陶磁器の彫刻
CO2レーザーによる陶磁器の彫刻


ということで、こちらが完成品です。

CO2レーザーによる陶磁器の彫刻
CO2レーザーによる陶磁器の彫刻



Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page