米国Full Spectrum Laser社が開発、製造を行うMUSEシリーズは、LCDタッチスクリーン制御、自己ホスト型ブラウザーベースのソフトウェア-RetinaEngrave v3.0など、最先端テクロノジーを搭載したエントリークラスのレーザーカッターです。リーズナブルなベーシックモデルから2Dカメラ搭載型、3Dオートフォーカス機能搭載型、ファイバーレーザー搭載型など、小規模ビジネスからパーソナルユースまでニーズに合わせた4種類をラインナップしています。

 
MUSE CORE

シンプルな構成のベーシックモデルです。

●加工面積   :508 x 304.8mm (20" x 12")

●レーザー出力 :45W

切断とマーキング(彫刻)が可能な材料

プラスチック/ゴム/木材/紙/布/化繊/皮革など

マーキング(彫刻)のみ可能な素材

ガラス/陶器/石材

 
MUSE 3D

MUSE 3Dは、MUSE COREにIntel RealSense™3Dカメラによるオートフォーカス機能を搭載したハイグレードモデルです。3Dデータを正確にマッピングすることで、加工の最中で材料の厚みが変わってもリアルタイムでフォーカスを合わせ続けるダイナミックフォーカスに対応しています。カメラによるライブビューは本体のタッチスクリーン上、RetinaEngrave v3.0、モバイルデバイス上で見ることが出来ます。

●加工面積   :508 x 304.8mm (20" x 12")

●レーザー出力 :45W

切断とマーキング(彫刻)が可能な材料

プラスチック/ゴム/木材/紙/布/化繊/皮革など

マーキング(彫刻)のみ可能な素材

ガラス/陶器/石材

MUSEシリーズの主な特徴

WEBブラウザーベースの最新モデル

専用ソフトをパソコンにインストールする必要はありません。MUSEをご自宅や社内のネットワークに接続して、同じネットワーク上のパソコンのWEBブラウザからアクセスしてレーザー加工を行うことが出来ますのでWin / Mac などOSを問わずにお使いいただけます。またローカルWebサーバーでホストできるのでインターネット接続は不要です。

​充実した装備・追加オプション

ローコストなMUSEですが、エアーアシスト&レーザー本体と連動するミニコンプレッサーやミニ排気ファンが標準装備され、ロータリーアタッチメントなど業務用の上級レーザー機種と遜色ない充実のオプションを用意しています。

40Wレーザーチューブを採用

CO2モデルのレーザー発振管はベーシックな40Wガラス管レーザーチューブを採用。レーザー発振管は消耗品ですが、通常の運用で1500-2000hの使用が可能です。また金触媒が使われている45Wガラス管レーザーもお選びいただけます。45Wレーザーは、金触媒によるCO2の改質・再形成効果により、レーザーの使用可能時間が3,000ー6,000程度となります。

LCDタッチスクリーンを搭載

MUSE本体に装備されたLCDタッチスクリーンは、レーザーの基本的な制御を行うことが出来ます。レーザーのテスト、ジョブ履歴の管理、ネットワーク設定などさまざまな機能を有しています。

パソコンのOSに依存しないブラウザベースのレーザー制御ソフトウェア

RETINAENGRAVE V3.0

RetinaEngrave v3.0(RE3)は、グラフィック編集・レーザー制御が統合されたWebブラウザベースのソフトウェアです。ブラウザのアドレスバーにMUSEのIPアドレスを入力することによってRE3のインターフェイスが現れ、加工データの作成、編集を行い、レーザー加工を行うことが出来ます。

※インターフェイスは英語となります。(日本語非対応)

ブラウザー制御

ソフトウェアのインストールは不要です。MUSEが接続されたネットワーク上のどのPCからでもアクセス可能です。

ダイレクトプリント

Windows OSやMac OSで使用しているグラフィックソフトウェアからMUSEに直接データを送ることができます。

OS不問

Windows,Mac,Linuxなど、パソコンのOSは問いません。Google Chrome、Safari、Edge、Firefoxなど、多くのブラウザーで動作します。

一体化されたジョブ管理

加工データとレーザー加工設定を同一ファイルにてローカルPCへ保存・読み込みが可能です。

ローカルWebサーバ搭載

​ローカルWebサーバーが内蔵されていますので、インターネット接続は不要です。

強化されたインポート機能

加工データの作成はもとより、PDF、SVG、JPG、BMPなど、さまざまな種類のファイルをインポート可能です。

​追加アクセサリー

ロータリーライザー
ロータリーユニットとロータリーユニットを使うためのライザー(嵩上げ)のセットです。
ワインボトルやグラスなど、円筒形の材料の外周に彫刻・マーキング加工を行うことが出来ます。
クールボックス
レーザー発振管の冷却水を冷却循環するためのユニットです。このオプションには、MUSEの排気口に取り付けるインラインファンが付属します。 また、エアアシスト用コンプレッサーが本体内部に格納されています。
45W レーザーチューブ
触媒に金を使うことで、標準の40W レーザー発振管よりも長くお使いいただくことが出来ます。(平均的に標準40Wレーザーチューブの2倍を超える耐用年数)
集塵ユニット
ご利用用途、加工ボリューム、素材に応じてた集塵ユニットをご用意できます。
Show More

スペック