CO2(炭酸ガス)を媒質として作り出されるレーザーです。

CO2、窒素、ヘリウムの混合ガスに放電を加えることで、増幅されたレーザー光を取り出します。当社では、高周波(RF)の交流励起によるスラブ式レーザー発振器を搭載したものと、従来のDC直流励起によるガラスレーザー発振管を搭載したレーザー加工機を取り扱っています。CO2レーザーは10.6μという長い波長を持っているため、透明な素材も含め、様々な素材へ加工を行うことが出来ます。

スラブ式レーザー発振器

 

スラブ式レーザーのメリット

  • ガラス管レーザーに比べて連続運転が可能
  • レーザーガスのリチャージ(再充填)が可能
  • 高品質なレーザービームを形成
  • RF励起によって高速のレーザーパルスが生成されるため、ガラス管レーザーに比べてラスタ加工の品質が高い(速く繊細)
  • 連続運転時でもレーザー出力にバラツキが生じにくい
  • 空冷方式のため、余分な冷却設備が必要ない

デメリット

  • ガラス製レーザー発振管に比べて高コスト

ガラス製レーザー発振管

 

ガラス管レーザーのメリット

  • スラブ式に比べて低コスト

ガラス管レーザーのデメリット

  • 水冷のため、水を使用する冷却モジュール(チラーなど)が必要
  • ガラス製なので壊れやすい(割れやすい)
  • 直流(DC)励起は、レーザーのパルスレートが制限されます。パルスの生成頻度が低いためラスター加工の速度と品質がスラブ式に比べて劣ります。
  • 直流(DC)励起によって発振管内部にある光学部品(増幅用反射ミラー)や電極にイオンが衝突することにより経年劣化が比較的早く進みます。劣化した発振管は再使用が出来ないため、新しいものと交換することになります。
  • ガラス管レーザーは加熱によって寿命が短縮しますので、長時間の連続加工は出来ません。