ドロー系グラフィックソフトをご用意ください。

グラフィックデータを作るためのソフトとしては、大きく分けるとドロー系ソフト、ペイント系ソフトに分けられます。ドロー系ソフトは、ベクターグラフィックの作成に必須です。ちなみに、CADソフトもドロー系に分類されます。

レーザー加工するためのソフトウェアですが、切断加工を行うためにはドロー系と呼ばれるグラフィックソフトが必要になりますので、切断加工を行う場合はドロー系ソフトとなります。 ただし、彫刻やマーキングだけであればペイント系ソフトでも可能ですが、基本的にはドロー系ソフトをご用意いただくほうがよいです。

レーザー加工で推奨される、主なドロー系ソフトウェア
Adobe® Illustrator®・CorelDRAW®・SOLIDWORKS・AutoCAD®
  • MUSEおよびEMBLASER2にはグラフィック編集ソフトが付属していますが、使い勝手の観点から上記ソフトウェアをご用意いただくのがお勧めです。
  • ファイバーレーザーマーカーBMLシリーズには編集・制御ソフトが付属しますので、ソフトウェアのご用意は不要です。