資格は必要ありません。

レーザーの使用に際して、特別な資格や免許は必要ありません。 また、装置の設置にあたって公的機関への申請や届け出の必要はありません。 ただしファイバーレーザーマーカ(クラス4レーザ製品)の使用にあたっては、レーザー安全管理者を任命し、安全管理を徹底する必要があります。(厚生労働省:レーザー光線による障害防止対策要綱に準拠)