陶磁器にレーザーで刻印できないか、という問い合わせをいただいたので、早速加工を行ってみました。過去にCO2レーザーで試したことがありますが、陶器にはほとんど刃が立たず、磁器については、うっすらと刻印をすることができました。一言で言えば、陶器は原材料が粘土、磁器は陶土、が原料だそうです。

今回はファイバーレーザーで陶器/磁器に試したところ、陶器はそこそこ彫刻が可能でした。が、磁器については全く歯が立ちませんでした。

画像は陶器へ加工したものです。レーザーを複数回 繰り返すことで彫りの深さを深くすることが可能でした。

もちろん一度だけのレーザー照射でも くっきりと刻印することができました。

繰り返し照射すれば、深くなっていきます。

これだけ彫れるなら、あとから色付もできますね。

 

加工中の様子


導入をご検討の方へ