FLUX_Logo-H_180x.png

台湾に拠点を置く2014年創業のFLUX Inc.は、クリエイター向けの高品質のデジタル作成ツールとしてレーザーカッターや3Dプリンターの開発に取り組んでいます。FLUXが提供するこれらのツールは、5大陸36のパートナーによって、アーティスト、教育者、中小企業、愛好家など、世界中のユーザーに提供されています。

FLUX Beamo

雑貨製作やホビーユースに使えるコンパクトでリーズナブルなCO2レーザーカッターです。

●加工面積   :300 x 210 mm 

●レーザー出力 :30W

228,000円(税別)

※配送料は含まれません。

※設置・操作トレーニングも可能です。(別途有償)

※あんしんサポート(1年単位)をご用意(別途有償)

FLUX Beambox

小規模なスモールビジネスに使えるCO2レーザーカッターです。

●加工面積   :400 x 375 mm 

●レーザー出力 :40W

348,000円(税別)

※配送料は含まれません。

※設置・操作トレーニングも可能です。(別途有償)

※あんしんサポート(1年単位)をご用意(別途有償)

FLUX Beambox pro

50Wのレーザーチューブを搭載したパワフルなCO2レーザーカッターです。

●加工面積   :600 x 375 mm 

●レーザー出力 :50W

458,000円(税別)

※配送料は含まれません。

※設置・操作トレーニングも可能です。(別途有償)

※あんしんサポート(1年単位)をご用意(別途有償)

FLUX BeamAIR

FLUX純正 集塵ユニットです。

88,000円(税別)

※配送料は含まれません。

FLUXレーザーの特徴

ビルトインカメラによるプレビュー

トップドアーに装備された5メガピクセルの超広角ワイドカメラでワークエリアをプレビュー出来ます。このプレビュー画面上で、直接、加工データを配置できますのでデータと材料の位置合わせを視覚的に簡単に行うことが出来ます。

live-camera-preview_edited.jpg

イージーコネクション

FLUXレーザーシリーズはWi-Fiを使用して、セットアップ、ファイル転送、ステータスの迅速な監視を行います。また有線LANおよびスマートフォンのホットスポット経由でも接続することが出来ます。

easy-connection_edited.jpg

​閉ループ組み込み型の水冷循環システムを採用

水冷式レーザーカッターは、通常 チラー等による外部冷却を必要としますが、FLUXレーザーは閉ループ組み込み型水冷システムを備えています。この閉ループ水冷システムは、レーザー発振管を適切な温度に保ちながら、マシン全体を循環します。

water-cooling.gif

​セーフティインターロック装備

FLUXレーザーシリーズにはセーフティインターロックが装備されています。密閉された筐体は、レーザーの漏れを防ぎ、加工中にドアを開けるとセンサーが作動して一時停止することが出来ます。これらの安全メカニズムによって作業者が保護されます。

safety-door-sensor_edited.jpg

エアーアシストシステムが標準装備

FLUXレーザーシリーズには、ワークピースが発火するのを防ぐために、レーザーヘッドを通して直接材料に空気を送るエアアシストシステムが標準装備として組み込まれています。

air-assist_edited.jpg

排気ファンを標準装備

FLUXレーザーシリーズには、強力でありながら静かな200CFM(340CMH)ファンが本体に組み込まれています。また、窓や通気口から煙や煙を抽出するための直径12 cm(4.7 ")のホースが装備されています。

ventilation-system_edited.jpg

統合型レーザー制御ソフトウェア

Beam Studio / Beam Go

FLUXの自社開発ソフトウェアBeamStudioとiOS / AndroidアプリであるBeam GOは、テキストやベクターファイルの編集、ビットマップイメージの変更、オブジェクトの配置など、さまざまなことができます。また、JPG / PNG / SVG / DXFと互換性があるため、Adobe Illustrator、Autocad、Inkscape、CorelDraw、さらにはMicrosoftWordなどの使い慣れたグラフィックエディタを使用してデザインをインポートすることも可能です。

c3bbc80d7c01818d8e13c1362daaf8b6-origina

BeamStudioの操作画面は、複雑で高機能なグラフィックエディタに比べると、限りなくシンプルです。また、レーザー加工に必要な標準的なパラメータが内蔵されていますので、誰にでも簡単にレーザー加工を行うことが出来ます。

beam-studio-01.jpg

カメラプレビュー

ビルトインカメラを使用して、加工を始める前にワークエリアのスナップショットを撮ることが出来ます。任意の材料を使って、でデザインをプレビューできます。マウスまたは指でデザインを正確に配置することが出来ます。

マテリアルテストデータを内蔵

パラメーターに希望する材料が含まれていなくても、最適なパラメーターを検証できるよう、マテリアルテストデータがソフトウェアに組み込まれています。

スマートフォン用アプリ Beam Go

beamo-017.jpg

iOS / AndroidアプリであるBeam GOを使用すれば、より直感的にレーザー加工を始められます。

Beam Goのスマートトレース機能は、手書きのデザインをスマートフォンのカメラで撮影し、その画像を加工データとして、FLUXレーザーにアップロードし、加工を行うことが出来ます。

beamcam-smart-trace_edited.jpg

こちらから、Beam StudioのStable版をダウンロードいただけます。

FLUXレーザーで加工できる材料

木材、皮革、アクリル、布、ボール紙、塗装金属、ガラス、セメントなど、さまざまな素材の切断、彫刻を行うことができます。

material-01.jpg

段ボール

彫刻:〇

​切断:〇

木材

彫刻:〇

​切断:〇

彫刻:〇

​切断:〇

皮革

彫刻:〇

​切断:〇

布・化繊

彫刻:〇

​切断:〇

ゴム

彫刻:〇

​切断:〇

セメント

彫刻:〇

​切断:×

アクリル

彫刻:〇

​切断:〇

ガラス

彫刻:〇

​切断:×

彫刻:〇

​切断:×

​塗装金属

彫刻:〇

​切断:×

金属類

彫刻:×

​切断:×

FLUXレーザーで作られたレーザー加工作品