オーストラリアのメルボルンにあるDarkly Lab社が製造・販売するEMBLASER2は、出力5Wのパワフルなレーザーダイオードを搭載するレーザーカッターです。木材やペーパークラフト、ファブリックなど、さまざまな材料の切断や彫刻を行うことが出来ます。

EMBLASER 2

EMBLASER2は、出力5Wのパワフルなレーザーダイオードを搭載するレーザーカッターです。ダイオードレーザーの5Wは10WのCO2レーザーに相当し、木材加工やペーパークラフト、ファブリックなど、さまざまな材料の切断や彫刻を行うことが出来ます。EMBLASER2は、CO2レーザーよりも低コストで手軽にレーザー加工を行うことが出来ます。

●加工面積   :500mm x 300mm 

●レーザー出力 :5W

製品の特徴

高出力 5W レーザーダイオードを搭載

一般的なDIY用レーザーカッターに使われているレーザーダイオードは、1Wから3.5W程度のレーザー出力ですが、Emblaser2のレーザーダイオードは5Wと、DIY用レーザーの中では高出力です。レーザーによる加工能力(加工時間や切断能力)はレーザー出力に依存しますが、5WレーザーダイオードはCO2レーザー換算で10W程度の能力に相当します。

Windows / Mac / Linuxに対応

Emblaser2は、Windows10 / Mac OS Xでの使用についてはドライバーは必要ありません。これらのOSについてはネイティブにサポートされています。

柔軟なインターフェイス

Emblaser2とパソコンの接続は、USBもしくはWi-Fi 2.4GHz (802.11b/g/n)が利用できます。※ワークスペースカメラの使用はUSB接続時に限られます。

充実の安全装備

EMBLASER2は材料の発火防止用エアーアシストとコンプレッサーを内蔵、万が一、材料が発火したときに警報を発して安全モードに移行する発火アラートを標準装備、インターロック機構を内蔵し、安全規格 Class1レーザーに分類されます。またオプションでレーザー使用を制限できるキーロックを装備すれば学校の運用でも安心してお使いいただけます。

ワークスペースカメラを標準装備

Emblaser2は、ワークスペースカメラを標準で装備しています。これによって、加工データの位置合わせを簡易的に行うことが可能です。

カスタマイズ可能な材料ライブラリー

レーザー加工を行う際のレーザーの設定パラメーター(レーザー出力や照射速度など)は、あらかじめ組み込まれたライブラリーを読み込むことで設定できます。またライブラリーは独自に追加やカスタマイズを行うことが出来ます。

ソフトウェア

LightBurnはレーザーカッターのためのレイアウト、編集、および制御ソフトウェアです。 LightBurnは、Windows 7.0以降(32bit /64bit)、MacOS 10.11以降、または64ビットLinuxで動作します。

◇主な機能
– 一般的なベクターグラフィックおよび画像フォーマット(AI、PDF、SVG、DXF、PLT、PNG、JPG、GIF、BMPを含む)のインポート
– エディタ内で新しいベクトル図形を配置、修正、さらには作成する
– パワー、スピード、パス数、カット順などのレーザー設定を適用
– 結果を直接レーザーカッターに送信

EMBLASER2の加工事例

 

代表的な材料

スペック