レーザー操作講習とレーザー加工トレーニング

初めてレーザー加工機を扱う方には、操作講習と加工トレーニングを受けていただくことをお勧めしています。 内容は、取扱い上の注意事項、基本操作、簡単な加工トレーニング、メンテナンスの4項目について説明をいたします。また、基礎講習以外に、応用的な加工を行うためのアプリケーション講習や、講習を受けてないない方のための追加講習も承ります。

《 取扱い上の注意事項 》
レーザーは、素材を熱で加工する装置です。素材はレーザー光によって加熱され、融解、燃焼状態になりますので、それらを踏まえた取扱い上の注意事項を説明いたします。  
《 基本操作 》
装置の仕組み、材料を加工するための手順、パラメーターの設定方法、実際のワークフローを、順を追って説明いたします。
《 加工トレーニング 》

操作説明を聞いていただいた後、本来の目的(レーザーを導入した目的)を踏まえて、実際の加工を行っていただきます。 

《 メンテナンス 》
レーザーを長くお使いいただくための、日々のメンテナンスについて説明いたします。 
《 アプリケーション講習 》

アプリケーション講習は、基礎的な操作説明以外の、お客様のリクエストに対して加工のアドバイスを行います。 基礎講習を受けられた方のみのプランとなります。

 
《 追加基礎講習 》
講習を受けた担当者が異動や退職でいなくなってしまった場合や前任者からの申し送りが不十分な場合、新しい担当者に基礎講習を受けていただくことをお勧めしております。 

※誤った使い方は、事故や火災に繋がることもありますので、レーザーを担当する方は、必ず、当社の基礎講習を受けていただくようにお願いしております。