レーザーの価格について

レーザー加工機は、レーザー加工機本体の他、加工する材料の種類、加工の内容、レーザーを設置する環境によって適切な周辺機器を組合わせて頂く必要があります。
組み合わせる機器については、【機種の選択ガイド】を御覧ください。

レーザー本体については、VLS2.30 / VLS3.50 / VLS3.60 / VLS4.60 / VLS6.60という5種類の筐体とレーザー発振器(10,25,30,40,50,60ワット)との組合せにより価格が異なります。

必須機器である排気装置については、設置環境に合わせて集塵脱臭装置もしくは排気ブロワーのいずれかをお選びいただくことになりますが、既に排気装置をお持ちの場合は流用することも可能です。

当社は、必要以上にスペックの高いものや、能力が足りていないのにあえて安価なグレードをご提案することはありません。

お客様のご予算やご意向を充分にヒアリングをさせていただき、ご利用用途に適切な組み合わせをご提案差し上げています。 また、ご希望があれば、試作製作や加工に要する時間を計測させていただきます。

レーザーの選択が適切でないケース
能力不足 レーザーというだけで安く導入したのはいいが、加工速度が足りないため加工に時間がかかり生産(製造)が追いつかない 短納期対応が出来ない
能力不足 加工内容に対して能力の低いグレードを選択したため、加工に時間がかかり、販売商品の単価を上げざるを得なくなる 価格競争力が落ちる
オーバースペック 生産数がそれほど多くないのにハイスペックなグレードを導入したため、加工能力を生かし切れない 償却出来ない
(導入費用の元が取れない)
オーバースペック たまにしか入ってこない加工(厚みのある材料の切断や大きなサイズの加工)のために大きな加工面積あるいは高出力を持つレーザーを選んだ 必要以上に償却に時間が掛かる
レーザー本体の参考リース価格帯 (6年リースの場合)

VLS2.30

VLS3.50

VLS3.60

VLS4.60

VLS6.60
2万円台~ 3万円台前半~ 3万円台中半~ 4万円台前半~ 4万円台中半~