マーキングフィルムを使ってドアサインを作成

先日、レーザー加工ブログの記事をご覧になられたマーキングフィルムのメーカーの方が当社へお越しになられて、自社製品のPRということでサンプルをいただきました。

マーキングフィルムといえば、カッティングシートを想像しますが、カッティングシートは塩ビ素材なのでレーザー加工はもちろんNGです。
(塩ビを加工したレーザー加工機の末路はこちらを御覧ください=塩ビ素材を加工したレーザーのメンテナンス


今回、サンプルとしていただいたフィルムは、アクリル系のエコパレットタックペイントという商品です。厚みは80μとなっています。耐候性は屋外8年と、なかなかの耐久性です。


それでは、このフィルムを使ってドアのサインを作ってみます。 当社のロゴを作るので、赤とシルバーラメ、白の3枚を使います。

赤は、"L"と""W"の文字。


シルバーで、残りの文字を作ります。


白で、ルームナンバーを作ります。


台紙部分を残したハーフカットをしてみましたが、余分な溶解や焦げ、表面の汚れや噴煙の付着もなく、綺麗な断面になっています。


カットしたフィルムにアプリケーションシートを貼って、サインの完成です。


出来上がったサインをドアに貼ってみました。素人仕事にしては なかなかの出来栄えではないかと思います。


詳細はレーザーワークスまで