3M製ラップフィルムでバイクの外装パーツのデコレーション

今回は、3M™ ラップフィルム を使って バイクの外装パーツのデコレーションを行ってみました。
ただ、うっかりしてポリ塩化ビニル製を買ってしまい、今回はとりあえずこれで加工しますが、同様の性能で非塩ビフィルムがラインナップされていますので、実際にお使い頂く場合は、非塩ビフィルムをご使用下さい。


レーザーに入るサイズに切ってから材料をセットします。


この商品は、台紙付きのフィルムなのでハーフカットでデザインを切り抜きます。


裏側はレーザーが貫通していません。


ハーフカットされたラップフィルムを、界面活性剤を混ぜた水溶液を使ってで外装パーツに仮貼りします。


貼り付けたラップフィルムを、ヒートガンを使って伸ばしてながら貼り付けていきます。こうすることで、フィルムが曲面に馴染んでいきます。





文字については、アプリケーションフィルムをラップフィルムに貼って、目的の位置に貼り付けます。


貼り付けた文字を、ヒートガンで曲面に馴染ませて完成です。これをバイクに取り付けると、社名ロゴ入り宣伝カーになるという算段です。


詳細はレーザーワークスまで