お箸に名入れ(レーザー刻印)

お箸(既製品)への名入れを依頼されたので、早速、やってみました。

お箸のような材料へ彫刻を行うには、やはり治具(位置決め用)は欠かせません。 

ということで、まずは治具の切り出しです。


お箸のように、比較的形状(長さ)にバラつきがある材料の場合は、長さ方向のどちらか一方を基準にするとよいです。


このように並べると、一度に、複数のお箸に名入れできます。





これが彫りあがった直後。表層の塗膜層を削った感じです。




いつものように、塗料を塗ります。


はみ出した塗料を拭き取ると・・・


完成です。


詳細は、レーザーワークスまで。