電動工具にレーザー刻印

市販の電動工具(電動ドライバー)に社名をレーザー刻印してみました。

この電動ドライバーは、いつものようにレーザー加工サンプル用に買ったものではなく、レーザーの納品・設置時に使用している私物です。出張先で紛失しないよう、社名と連絡先電話番号を入れてみました。

これが、いつも使っている電動ドライバー。 パナソニックのクラッチ付きドライバーです。トルクが高く、重宝しています。このドライバーのグリップ部分にレーザー刻印を行います。詳しい材質はわからなかったのですが、見たところプラスチックゴムのような感じです。 


まずは、このドライバーを固定(配置)するための治具を作ります。1枚のアクリルからベース部分と保持パーツを切り出します。



グリップをストレートにし、治具にセットします。




あいにく、今回は動画はありません。



ということで、レーザー刻印はこのような感じになりました。


グリップそのものはゴムのような感触なのですが、レーザー照射部はプラスチックが溶けたような感じで仕上がりました。





以前、企業の研究開発部門に勤めていたのですが、そこには、たくさんの工具・ツールが常備されていました。

こういった工具ツール系の備品は、必ずといっていいほど管理番号で管理されているものですが、そのほとんどはシールを貼って、その上にマジックで番号を書いているだけというものが多く、使っているうちに、その管理番号のシールが剥がれてしまうことが多々ありました。 

が、レーザー刻印なら、そういった心配はありません。 物理的に表面を削らない限り、刻印が消える事はありませんので。


詳細はレーザーワークスまで