時計の裏蓋(ステンレス)へ、レーザー刻印(レーザーマーキング)

今回は、時計の裏蓋(ステンレス)へのレーザー刻印です。刻印というよりは、マーキングと言ったほうが良いかもしれません。

レーザー刻印(レーザーマーキング)は一般的なプレス刻印等によるエンボス加工とは趣が異なります。

一言にレーザー刻印(レーザーマーキング)と言っても『酸化させる』、『変色させる』、『溶かす』、『剥がす』と素材によって異なります。

今回のような、ステンレスへのマーキングは、『酸化させる』、ということになります。


では、今回の本題である時計の裏蓋へレーザー加工です。

 

材料は、あらかじめブレスレットの部分が取り外されています。


まず最初に、位置固定用の冶具をアクリル板を使って製作します。(とはいっても、レーザーで丸穴を開けるだけですが)


この丸穴に材料をセットします。


刻印データは、この冶具を作ったデータを用いることによって、加工位置のズレが生じないようにします。


また、今回の刻印データ=文字の書体は、シングルストロークフォント(単線フォント)を用いました。


理由は、ウィンドウズのtrue type font を使うと、レーザーでの加工時間が長くなり、材料への熱の影響が懸念されたためです。

 

材料をセットし、フォーカス(焦点距離)を合わせます。もちろん使用するレンズは高密度レンズです。


こちらが、加工中の動画です。加工時間は概ね25秒でした。



今回は、レーザーの出力設定を調整するため、上段の『2008,10,2』と下段の『Happy Birthday』を別々に加工しました。

 


上段は、照射時間を長め、下段は、上段よりも短めにレーザーをあてています。


今回はテスト用サンプルが1個しかなかったため、いくつかの条件を試すことができませんでしたが、もう少し弱めの出力のほうが綺麗に加工できたかもしれません。


ステンレスへのレーザー刻印の場合、あくまでも見た目の話ですが、レーザーを強く当てると黒っぽくなり、文字線の幅も太くなり、逆に、弱めに当てると文字の線幅は細く、色は茶色っぽくなります。


詳細はレーザーワークスまで