iPhone 3GSにレーザー刻印(ブラックボディバージョン)

都合、3台目となるiPhone3Gへのレーザー刻印です。今回は、前回と違い、ブラックボディのiPhoneを使用しました。

さすがに、3台目ともなると、レーザー刻印も手馴れたものです。


今回は、セット用の治具も、ついでに製作しました。



これが、治具切断用のデータと刻印データです。



iPhoneを治具にセットすると、こんな感じです。もちろん、サイドのボリュームスイッチやMUTEスイッチに干渉しないように受け台を配置します。下側(左側)のプレートは、ストッパーです。



ここまで凝る必要は無かったのですが、一応、iPhone の形状に合わせて、受け台にRを設けました。



治具にセットしたiPhoneを、レーザーのワークエリアにセットします。ちなみに、ワークエリアの白いプレートは、スチレンボードです。治具の位置決め用に使っています。



レーザー刻印中です。今回、動画を撮影するのに、単焦点レンズのカメラを使用してしまったため、刻印部分のズーム映像が撮れませんでした。




これがレーザー刻印直後です。 ホワイトボディのiPhoneと違い、刻印部の色が異なっています。
もしかすると、ボディの材質が変わったのか、あるいは最初からホワイトとブラックで材質が異なっていたのでしょうか?
ホワイトボディのiPhoneへのレーザー刻印の記事は、こちら



レーザー刻印箇所に、例の如く、色を入れます。今回は、ボディがブラックということで、シルバーで着色しました。もしかすると、ゴールドなんかも高級感が出て良かったかもしれないです。


拡大すると、このような感じです。



手に持つと、なかなか良い感じです。


こういったアイテムは、大げさなデザインを施すよりも、さりげないデザインのほうが良い感じがします。


詳細は、レーザーワークスまで。