第5世代 iPod nano にレーザー刻印(レーザーマーキング)

第5世代 iPod nanoを買ってきました。個人使用ではなく、このレーザー加工ブログのためです。iPhone, iPhone3G, iPhone3Gs, iPod touch, iPod shuffle, iPod nano第2世代と、通算7台目です。もちろん全てにレーザー刻印済みです。もっとも、レーザー加工の観点から種別すると、プラスチック、アルミ(アルマイト)、ステンレスの3種ということになります。


今回は、個人的な好みでブラックボディを買いました。


刻印のデータは、このような感じで作っています。今回は、表裏の両面に刻印を施します。もちろん、同時にレーザーを当てられるわけではありません。表と裏、別々にレーザー刻印します。
赤枠はボディの大きさの目印です。青枠のデータを使って位置決め用の治具を作成(レーザーカット)します。黒色がiPodにレーザー刻印するデータです。青枠を膨らませているのは、治具からiPodを取り出しやすいように、指を入れるスペースのためです。



これが位置決め用の治具です。


この治具に、このような感じでiPodをセットします。


この状態で、レーザーを当てます。


このような感じで仕上がりました。刻印した文字は、"Fingers crossed for you"で、『幸運を祈る』という意味合いです。




裏面には、少しワルな感じのデザイン(ドクロ)を入れました。刻印した文字、"BREAK A LEG"は、もちろん、『脚を折れ』という意味ではありません。


ちなみに、自分の名前も刻印してみました。


よく質問を受けるのですが、レーザーを当ててもiPodは故障しません。ご覧のとおりです。


詳細はレーザーワークスまで。