ジュラコンをレーザーカット

レーザーの切断事例で、たびたび使われるのはアクリルですが、今回はジュラコンを加工(切断)してみました。

ジュラコンは、エンジニアリングプラスチックと呼ばれ機械系のパーツ材料として広く使われています。身近なところで言うと、モーターで動く自動車プラモデルのシャーシーに組み込まれているギア(歯車)や、コピー機の紙の送り出し機構にも使われていますね。

今回は、1mm, 2mm, 3mmの厚の板を、それぞれカットしてみます。

切り出す形状は、やはり歯車にしました。




出来上がった1mm厚のギアです。




こちらは3mm厚を切り出した直後。切断幅は意外と狭く、タイトに仕上がっています。




左が2mm厚、右が3mm厚です。


ギアの勘合部


なかなか面白いので、たくさん作ってみました。


レーザーで1個づつパーツを切り出していくというのは、けっして量産には向きませんが、試行錯誤を繰り返しながら試作開発を行うような場合には、レーザーはお勧めではないでしょうか?

詳細はレーザーワークスまで