レーザーカットによる犬のシルエットの切り出し

目新しいレーザー加工品がないかと、海外サイトを検索していたところ、何の変哲もないアクリルの切り抜きを見つけたのですが、よく見てみると切断面が粗い、というよりもギザギザになっていました。
著作権があるので画像は載せられないのですが、昨今はいろいろなレーザーが出回っているので、おそらくそういった内容(ギザギザ)は、故障とかトラブル等ではなく レーザーカッターの性能ではないかと思います。

ということで、2mm厚の黒アクリル板を使って同じような商品を当社のデモ機で切り出してみました。




これは切断面側を写したものですが、曲線が連続していても滑らに切断できています。


実際にそういった(切断面が綺麗とはいえない)作例を見て、今まであたりまえだと思っていたレーザーの性能(切断品質)が、レーザーによっては当たり前ではないということに気がつきました。


詳細はレーザーワークスまで