レーザーカッターでステッカーをハーフカット

エーワン(A-ONE)の手作りステッカーシートを使って、ステッカーを作ってみました。 と言っても、レーザーの出番は切断だけで印刷には市販のインクジェットプリンターを使っています。

このステッカーは屋外用ということで、表面に保護用の透明ポリエステルフィルムを貼り付ける仕様になっています。 保護用フィルムの厚みが0.07mm、印刷用フィルムが0.1mm、そして剥離紙の3層構造になっています。 今回は、その剥離紙を残して保護用フィルムと印刷フィルムだけをハーフカットします。


今回は1シートだけだったので、位置合わせ用にトンボを設けて、レーザーのレッドポインターで簡易的に位置決めを行います。


それでは、早速、カットを行います。レーザーが強すぎると剥離紙まで貫通してしまうので、10ワットレーザーの3割程度のパワーで照射します。


ステッカー部分を捲ってみると・・・上面のフィルムだけが綺麗に切れているようです。


予定通り、綺麗にハーフカット出来ました。






ロットがたくさんあるようなら、ステッカーの専門会社さんに注文するほうが時間もコストも節約できますが、5~10シート程度ならレーザーで切っても手間はかからないですね。

詳細はレーザーワークスまで