レーザーで付箋アート

東京営業所の新谷です。  レーザーで付箋アートを作ってみました。 ネットで調べてみると、『起こし付箋』や『切りグラフ』など、いろいろ呼び名があるようです。 

材料はいわずと知れたポストイットです。 一度に複数個作るために、治具を作って、そこへセットします。


今回はカッティングテーブル使わずにカットしてしまいます。




切断が終わりました。


周りを外すと、このとおり。


鹿の角の部分など、手で切るには少々厳しい箇所も、レーザーならシャープに切り出すことが出来ます。




シルエットを切り抜くだけではなく、きちんと描画されたものであれば江戸時代の『立版古』を模したペーパークラフトも作れそうです。

詳細はレーザーワークスまで