EVAマットを使ってコレクションBOXを製作

東京営業所の新谷です。

巷で、仮面ライダーフォーゼが子供たちの間で流行っているようです。

以前、仮面ライダーオーズのメダルホルダーを作ったのですが、今回はアストロスイッチのコレクションケースを作りました。

材料は行きつけの100円ショップで入手します。材料はEVAマット、ストックBOX、 ブラックボードシート(裏面粘着タイプ OPP)の3つです。

ちなみに、EVAは焼却してもダイオキシン類が発生しません。(調べたところによると) 但し、レーザーを強く当てると炎が上がるため、エア圧の強いエアアシストバックスイープを使用します。

EVAマット10mm厚をレーザーで切断(エチレン酢酸共重合樹脂)

10mm厚のEVAマットの切り抜きが終わりました。


切断面は融解や炭化など、熱の影響をあまり受けていません。但し、切り幅は2mm程度と比較的多めです。 


同じデータで切断したEVAマットを3層にしてストックBOXに敷きます。

アストロスイッチを収納してみます。 収まり具合は上々です。 

追加の加工として、ブラックボードシートをハーフカットしてKRCのロゴマークを作り、BOXに貼り付けました。それから二層板でキーホルダーも作ってみました。


12月に玩具メーカーからDXアストロスイッチカバンという商品名で公式ケースが発売されるようですが、それまではオリジナルのコレクションケースとして使いたいと思います。

もちろん使うのは、私ではなく、私の子供です。

詳細はレーザーワークスまで