レーザーカッター(30ワット)で15mm厚アクリルを切断

先日、Twitter(ツイッター)でも、つぶやいていますが、新しいプリンタドライバ(64bitにも対応)のβ版で極低速モードでのレーザー出力の制御が向上しています。正規版ドライバのリリースは未定ですが、取り急ぎ、テストを兼ねて15mmアクリルの切断を行ってみました。

尚、切断にはレーザーカッティング用保持ピン&ベーステーブルを使っています。

本来、15mmのアクリルを切断しようとすると、レーザーの反射が強烈に返ってくるため、アクリル板を50mm程度は浮かしたいところです。ただし浮かしすぎるとアクリル下の空気の層が厚くなるため、空気の流れが悪くなりガスが滞留しやすく、アクリル板の下面に着火する可能性があります。 通常は、このぐらいの厚みの切断をする場合は、エアアシストを薦められますが、エアアシストを使うと切断後の端面が荒れてしまいます。

保持ピンの高さは30mmですが、表面がサンドブラスト処理されているためレーザーの反射が効率よく抑えられます。また空気の層が30mmなのでガスの滞留も比較的マシです。 ということで、エアアシストなしで15mmアクリルを切断してみました。





エアアシストを使っていないので、表面がツルツルです。




もっとも、15mmアクリルを切断しなければならないというケースは、そうそう無いと思いますが、当社のレーザーなら30ワットの出力で、この15mm切断が可能だということです。

詳細はレーザーワークスまで。