10ワットレーザーの切断能力

VLSシリーズに搭載可能なレーザー発振器の中で、最も出力の小さな10ワットレーザーを使って、異なる厚みのアクリル板を切断してみました。

これがいちばん小さな、10ワットのレーザー発振器です。


表記上は10ワットですが、パワーメーターで測定すると実効出力は11.4ワット出ています。


今回、切断するのは 2mm, 3mm, 5mm, 10mm(10mmがなかったので、5mmを2枚重ねています), 13mm です。


切り出した大きさは、それぞれ30mm角の正方形と直径30mmの円です。

2mmアクリル



続いて、3mmアクリルです。 尚、当社のホームページ上では、この3mmまでが実用的な切断範囲とさせていただいています。



続いて、5mm厚のアクリルです。 切断速度は遅くなりますが切断することは可能です。



次は10mm厚です。10mmアクリルが手元になかったので5mmを2枚重ねにして切ってみました。ただし、ここからは、あくまでも切断テストです。 10ワットレーザーでも10mmが切れるなら・・・という発想はNGです。


テストのついでに、手元にあった13mmアクリルをダメもとで試してみましたが、驚くことにかろうじて切断することが出来ました。



10ワットレーザーは、主に薄い素材(布や薄膜状のフィルムなど)の切断に適しています。

いろいろな用途に使うことを考えると、汎用性に長けた25ワットもしくは30ワットレーザーがお勧めですが、用途(あるいはご予算)によっては10ワットという選択肢も良いかと思います。

詳細はレーザーワークスまで