イービーエム株式会社 様

今回のユーザー様紹介は、外科手術訓練シミュレータの開発・製造をされているイービーエム株式会社の朴 社長です。 朴社長は早稲田大学理工学術院GCOE 客員研究助手という肩書きを持ち、現在も外科技能の定量化に関する研究を行っておられます。
今回、こういった装置の開発・研究のための工作ツールとして、当社のバーサレーザーをご導入いただきました。

(左側:朴 社長)

イービーエム株式会社  (下記は、会社概要より転載)
URL http://ebm.vc/

イービーエム株式会社は2006年8月9日に大学発学生ものづくりベンチャーとして、町工場がひしめく東京都大田区にて創業いたしました。私は修士と博士課程の合計5年間、そして現在も引き続き外科手術訓練シミュレータの開発、および外科技能の定量化に関する研究を行っております。弊社最初の製品である冠動脈バイパス手術訓練装置YOUCAN(ヨウカン)・BEATは1000人を超える国内外の外科医、早稲田大学の学生・先生、町工場、行政、医療機器メーカーの方々の支援によって完成しました。

Team イービーエムの想いはひとつです。
「技術向上を目指す医師の想いに応えたい!命に一生懸命な医師を支援したい!」
その想いが具現化できたとき、多くの命が救われ、多くの幸せが医師から患者に贈られることになると信じております。

社名のイービーエム(EBM)とは、通常医学の世界で用いられるEvidence Based Medicine(根拠に基づいた医療)ではなく、Engineering Based Medicine(工学的見地に基づいた医療)の略であり、私の師である梅津光生先生が提唱されたコンセプトです。Engineering Based Medicineによって、少しでも外科領域の発展に貢献できるよう日々努力いたします。今後とも皆様もご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


詳細はレーザーワークスまで。