Windows 7 での動作確認

早速ですが、Windows 7での動作確認を行いました。 一般的な操作における動作では特に問題ありません。

Windows 7は、巷で言われている通り、たしかに動作が軽くなっています。 とくにOSの起動は一目瞭然といった感じです。

VLSレーザーの動作(ソフトウェアコントロール)についてですが、Windows 7は基本的にはVistaのマイナーバージョンアップ版という見解が一般的ですので、Vistaで問題なく動いている以上、7にしたからといって、特有の問題が生じることは考えにくいです。

ただし、VLSレーザーのドライバのバージョンは.5.24.38以上でお使いください。 旧バージョンのドライバをお使いのユーザー様は、当社サポートページより5.24.38以上のバージョンをご入手いただき、インストールを行ってください。

また、Windows 7で動く以上、Windows 7のXP互換モードは必要ありませんので、今回はテストを行っていません。

尚、64bit版のWindowsは、引き続きご利用いただくことができません。念のため、64bit版 Windows 7を搭載したPCへVLSレーザーコントロールソフトのインストールを試みましたが、やはりインストールはできませんでした。

今回、動作検証に用いたPCのスペックは下記になります。いわゆるネットブックと呼ばれるタイプのもので、CPUパワーは非力です。通常のPCであれば快適にお使いいただくことができると思います。



【スペック】
CPU : Intel Atom Z550 (2.00Ghz)
実装メモリ : 2.00GB
OS : Windows 7 Professional 32bit版
ハードディスク : SSD128GB

※Vistaに比べて動作が軽いといわれるWindows 7ですが、少しでも快適に動くようにレジストリのチューニングを施してあります。

詳細はレーザーワークスまで