木材(ピーチ)にレーザー彫刻(写真彫刻)

レーザー描画用画像処理ソフトウェア 『1-Touch Laser Photo™』(ワンタッチレーザーフォト)がバージョンアップされました。

今回のバージョンUPで、木材とガラスのフィルターが追加されましたので、早速、加工テストを行ってみました。

ガラスについては材料が無かったため、急遽、材料をオーダーしました。 材料の入荷後、あらためてテストを行います。

ということで、今回は、木材へ写真を彫刻してみました。 比較のため、『1-Touch Laser Photo™』によるフィルター加工したものと、何もしない状態(PhotoShopで、グレースケール変換とガンマ補正、コントラスト調整のみ適用)の写真を加工してみます。


今回の題材となる写真がこれです。



『1-Touch Laser Photo™』でフィルターをかけたものがこれです。 このデータをCorelDrawにインポートしてレーザー加工を行います。


左側が『1-Touch Laser Photo™』による画像、右側がPhotoShopでコントラスト調整を行ったものです。並べてみると、はっきりと違いが出ます。


動画は『1-Touch Laser Photo™』を使ったデータのレーザー加工です。



こちらは、『1-Touch Laser Photo™』によるフィルターをかけずにプリンタドライバ任せで加工したものです。レーザーのパラメーターを何パターンかでトライしてみましたが、使った木材がピーチということもあり、かなりボヤけている印象です。 ただ、『1-Touch Laser Photo™』との違いがはっきり出るように、画像のサイズのわりには、解像度をかなり荒くしています。


それに比べると、『1-Touch Laser Photo™』を使うと、こんなにも鮮明になります。 もちろん駆動解像度は上のものと同じです。 出来栄えは、米国製のソフトということもあり、かなりアメリカナイズされた印象に仕上がっています。


『1-Touch Laser Photo™』なし
加工サイズ: 100mm x 65mm
駆動解像度:333LPI


『1-Touch Laser Photo™』あり
加工サイズ: 100mm x 65mm
駆動解像度:333LPI


木材へ写真を加工する場合は、画像はもとより木材の種類が重要です。 

どれが良いか、というのは実際にレーザーを当てて試してみる必要はあるのですが、木材に水分が多いと色が付きにくく、且つ、多くのヤニが付着してしまいますので、硬い(乾燥した)木材のほうが柔らかい(水分が多い)木材よりも綺麗に仕上がります。

加えて、『1-Touch Laser Photo™』を使うことによって、より鮮明な加工が可能になります。

既に『1-Touch Laser Photo™』をお持ちの当社ユーザー様は、サポートページよりバージョンUP版をダウンロードいただけます。

詳細はレーザーワークスまで