合成漆器にレーザー彫刻

しばらくの間、身近な物にレーザー加工を施してみることにします。

今回は、100円ショップのダイソーで買った合成漆器です。

パッケージには"合津塗り"と書いてはありますが、実物はABS樹脂製で、表面はウレタン塗装です。




コーレルドローX4を使って、デザインを作成します



色合いを把握するため、データは実物の色を模してあります。

イラストはコーレルドローのデザイン集から拝借。文字は、松尾芭蕉の俳句を入れてみました。


レーザーを当てる前に、マスキングテープを施します。
これは、色入れ時のことを考慮して、というのもありますが、材料表面が光沢・艶ありの塗装のため、レーザーの熱による"彫刻部以外の曇り"を防ぐためです。




例によって、位置決め用の治具をコピー紙で作りました。
ここに材料をセットします。




こちらが加工中の動画です。




こちらが、レーザー彫刻後です。
試し彫りをせず、一発勝負の勘で行ったため、ほんの少しですが深く彫りすぎました。
あまり深く彫ると、色入れ時に苦労します。




こちらが色入れ後です。今回は、プラモデル用の塗料を使っています。




こちらが完成品です。彫りの深さが、もう少し浅ければ、さらに格好良くなります。
















詳細はレーザーワークスまで