高級木材マホガニーをまとったオイルライターにレーザー彫刻

マホガニー製ケースを身にまとったジッポータイプのオイルライターへ加工を施します。スクエアでエッジの立ったデザインが私好みです。


福を呼び込むように、という願いをかけ、選んだ柄はこれです。『福』と『寿』。かなりベタな柄ですが、これを表面全体に彫刻します。


レーザー彫刻中


レーザー彫刻の直後、このような感じで仕上がりました。

彫刻部を拡大してみます。よく見ると、彫刻部に木の脂(ヤニ)が付着したままです。


このヤニをふき取ると、このような感じです。


レーザーで彫刻すると木は焦げる、と思われがちです。 たしかに焦げは生じますが、実際は、よほどパワー(出力)を上げて照射しない限りは、焦げてみえる部分は、大半はヤニが付着しているだけだったりします。

と、いうことで完成品。




焦げがほとんど無いに等しいので、本当に彫刻したかのような仕上がりになります。






全ての木材が、こうなるというわけではありませんが、水分が少なく、硬く、軽い木が、比較的レーザー彫刻に向いています。

このマホガニーは、その中でもうってつけだと思います。(あくまでも主観ですが)

ぜひ一度、お試しいただければと思います。 ギフトにも最適です。


詳細は、レーザーワークスまで